子供の「なぜ?なに?どうして?」が分かるサイト

このサイトは、こどものなぜ?なに?どうしてという疑問の答えを見つけるお手伝いをします。子供の教育や、育児に関する雑学にもお役立て下さい。
子供の「なぜ?なに?どうして?」が分かるサイト TOP  >  スポンサー広告 >  行事に関する質問 >  どうしてお正月にはお節を食べるの?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どうしてお正月にはお節を食べるの?

子供の「なぜ?なに?どうして?」が分かるサイト
どうしてお正月に御節を食べるの?

oseti.jpg


お節とは、お正月に食べるおめでたいお祝いの料理です。
もうみなさんはおせち料理を召し上がりましたか?

お正月になぜお節料理をいただくか調べてみました。

おせちとは、「御節供 おせちく」の略語で五節供料理の一つです。


昔は、奇数が重なる日にを節日とよんでいました。
元日の節供 1月1日
桃の節供 3月3日
端午の節供 5月5日
笹の節句 7月7日
重陽の節供 9月9日

特に元旦の節日は、一年の間で一番おめでたい節目だったそうです。


おせち料理は、もともと平安時代から行われていた朝廷の節日に行われる
「節会 せちえ」で供される特別なごちそうでした。


江戸時代あたりに節会が概略化されて、
今のお正月に頂くお節料理になったそうです。



お節料理に含まれるお料理にもいろいろ入れてある意味があります。


数の子:にしんがたくさん卵をつけるため、子宝に恵まれるように

栗きんとん:栗金団と書くことから、金運に恵まれた豊かな一年になるように

黒豆:豆=健康を意味する言葉で、まめに働いてまめに暮らせるように

昆布巻き:よろこぶ という語呂合わせと子生婦という語呂合わせで家族の幸せと子孫繁栄を願う

海老:腰が曲がっている=長寿になるように

里芋:里芋が小芋をたくさんつけるため、子孫繁栄できるように

田作り:昔はイワシの稚魚を肥料として使っていたので、豊作になるよう願いがこめられている

れんこん:レンコンに穴が開いている事から、将来を見通せるようにと願いをこめて

などがあります。



お節料理にもいろいろ願いが込められているのですね。
まだお節料理が残っていらっしゃる方は、ぜひ一つ一つ意味を考えながらお節を頂いてくださいね。
関連記事
[ 2013/01/01 16:21 ] 行事に関する質問 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おきてがみ
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 子育てブログへ

検索フォーム
全記事表示リンク
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
515位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
69位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。