子供の「なぜ?なに?どうして?」が分かるサイト

このサイトは、こどものなぜ?なに?どうしてという疑問の答えを見つけるお手伝いをします。子供の教育や、育児に関する雑学にもお役立て下さい。
子供の「なぜ?なに?どうして?」が分かるサイト TOP  >  スポンサー広告 >  行事に関する質問 >  雛祭りってなに?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雛祭りってなに?

子供の「なぜ?なに?どうして?」が分かるサイト
ひな祭りって何?

hinamaturi.jpg


雛祭りは、3月3日に女の子の健やかな成長を願う為に行われる行事で、
桃の節句(もものせっく)や上巳の節句(じょうしのせっく)とも呼ばれています。


雛祭りでは、雛人形や桃の花を飾って、白酒やお寿司などを食べて、
ひなあられや菱餅を飾ります。



もともと日本には五節句と呼ばれる節目の日がありました。

1月7日の人日(七草)の節句
3月3日の上巳(桃)の節句
5月5日の端午(菖蒲)の節句
7日7日の七夕(笹)の節句
9月9日の重陽(菊)の節句

ひな祭りは3月3日、上巳(桃)の節句にあたります。



昔は旧暦の3月3日に行われていたので、今の暦だと4月3日に行われていました。
その頃が桃の花の咲く頃だったため、「桃の節句」と呼ばれるようになります。
(今でも東北や北陸などで、旧暦の4月3日にひな祭りを行う地域があります。)


ひな祭りは、紙でできた人形(ひとがた)に汚れを移して川や海に流す「上巳節」という節句の儀式と、
人形遊び(ひいな遊び、雛あそび)が結びついた物と考えられています。



雛人形の種類は

内裏雛、親王 :天皇皇后
三人官女 :宮中に仕える女官
五人囃子 :能のお囃子を奏でる楽人 太鼓 大鼓 小鼓 笛 謡の順に並ぶ
随身 :右大臣と左大臣
仕丁、衛士 :従者

となっています。


昔はひな祭りが祝日だったのですが、明治6年に五節供の祝日が廃止となった時に
桃の節供(雛祭り)の祝日も廃止となりました。


戦後に新しく祝日が作られる時に、3月3日を祝日とする案も出たようですが
5月5日の端午の節句が祝日と制定されました。


雛祭りに食べる雛あられは、
白色:雪
緑色:木々の芽
桃色:生命 を表しています。


菱餅は
赤:桃の花
白:雪
緑:若草 を表しているのだそうです。
関連記事
[ 2013/03/03 11:44 ] 行事に関する質問 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おきてがみ
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 子育てブログへ

検索フォーム
全記事表示リンク
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
39位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。