子供の「なぜ?なに?どうして?」が分かるサイト

このサイトは、こどものなぜ?なに?どうしてという疑問の答えを見つけるお手伝いをします。子供の教育や、育児に関する雑学にもお役立て下さい。
子供の「なぜ?なに?どうして?」が分かるサイト TOP  >  スポンサー広告 >  自然に関する質問 >  日本で一番雨が多い場所と少ない場所はどこ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本で一番雨が多い場所と少ない場所はどこ?

子供の「なぜ?なに?どうして?」が分かるサイト
日本で一番雨が多い場所と、雨が少ない場所はどこ?




日本で一番雨が降る場所は、鹿児島県にある屋久島です。

年間降水量はは4477.2ミリもあります。

山岳部では、年に8000mmも雨が降るのだそうです。

ちなみに、東京の年間降水量は1528.8 mmなので、2倍以上の雨が降っていることになります。



日本で一番雨が降らない場所は、山梨県甲府市で
日照時間が年2128.7時間です。


47位の秋田県秋田市が1597.4時間なので、530時間以上も日照時間の差があります。

関連記事
[ 2013/03/19 23:20 ] 自然に関する質問 | TB(0) | CM(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/05/10 13:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おきてがみ
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 子育てブログへ

検索フォーム
全記事表示リンク
最新記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。